スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春の園遊会 浅田真央さんら2501人を招待(産経新聞)

 天皇、皇后両陛下が主催される「春の園遊会」が東京・元赤坂の赤坂御用地内で今月15日に開催されることが決まり、宮内庁は招待者の名簿を発表した。バンクーバー冬季五輪フィギュアスケート女子の銀メダリスト、浅田真央選手と、男子で銅メダルを獲得した高橋大輔選手らが招待された。

 今春の招待者は各界の功労者や国会議員、その配偶者ら計2501人。スポーツ界からは両選手以外にも、スピードスケート男子500メートルで銀メダルを獲得した長島圭一郎選手ら、バンクーバー五輪のメダリスト全員が含まれている。

 このほか、落語家の桂米朝さん、歌舞伎俳優の坂田藤十郎さん、女優の松坂慶子さん、小説家の宮尾登美子さん、テレビキャスターのみのもんたさんらも招かれた。

【関連記事】
放浪記公演中止 森光子さん「毎日毎夜考え悩んだ」
橋下知事「上村愛子さん、悲願のメダルを」
白鵬、白星発進も大失態…「せり上がり」忘れた
「秋の園遊会」に森光子さんら招待 宮内庁が発表
英女王陛下、人気の秘密は?

学習塾に1億円賠償命令=講師が女児殺害、使用者責任認める-京都地裁(時事通信)
<住宅全焼>焼け跡から3遺体…岩手(毎日新聞)
イヤホンで刑事のふり、忘れ物免許証だまし取る(読売新聞)
<将棋解答>第1301回 解答(毎日新聞)
<キヤノン工事脱税>大光など3社に罰金2億5000万円(毎日新聞)

<新聞協会>78紙が同じ広告を一斉掲載(毎日新聞)

 日本新聞協会の加盟新聞78紙は29日「住宅エコポイントの申請開始」など、五つの住宅・新築分野の制度を伝える広告を北海道から沖縄県まで一斉掲載した。新聞協会の特別企画として加盟社が同一日に同じ広告を一斉掲載するのは初めて。

 今回の特別企画は、新聞協会が進めてきた「日本を元気にする」キャンペーンの一環。国民生活に意義があるテーマを検討し、住宅政策を通じて活力、元気を取り戻そうという国の施策との共通点を確認することができたため、今回の企画となった。新聞協会は「新聞の媒体力や新聞広告のパワーをアピールしたい」としている。

【関連ニュース】
新聞週間標語:25日から募集
新聞週間標語:25日から募集
ものがたり’10春:配達で知った、街の息吹 新聞奨学生・小林さん、東大大学院へ
毎日新聞社、編集部門3年連続の受賞 石綿被害、一連の報道で

足利事件 「運転免許を取って温泉も」 菅家さん会見で(毎日新聞)
元市職員ら、争う姿勢=3児死亡飲酒事故の民事訴訟-福岡地裁(時事通信)
<水俣病損賠訴訟>和解案、チッソが受け入れ(毎日新聞)
停電、埼京線など4700人缶詰め=最長3時間25分運転見合わせ-架線にケーブル(時事通信)
郵政改革「最終案」で首相、閣僚懇で調整(読売新聞)

小学教科書検定 神話など伝統文化増えるも、自虐史観は残る(産経新聞)

 伝統文化の尊重やわが国と郷土を愛する態度を養うことを教育の目標として明記した教育基本法の改正から、初めての全面改訂となった今回の小学校教科書。各教科で日本の伝統的要素を取り入れようとする姿勢がみられる一方で、6年生で学ぶ日本史では依然として日本を“悪者”として描く自虐史観の記述が残るなど、改善されない課題も残っている。

 □「白ウサギ」4社に

 1、2年の国語の全教科書に掲載された神話では、「因幡(いなば)の白ウサギ」が5社中4社に、「ヤマタノオロチ」が2社に登場した。東京書籍は物語の冒頭だけを紹介する形で、前出の2つに加えて「海幸彦と山幸彦」なども掲載している。

 文部科学省によると、現行の小学校国語教科書には全学年とも神話に属する物語は掲載されていない。

 ヤマタノオロチを選んだ学校図書は「活劇調で動きがある話の方が今の子供には親しみやすく、伝統的なものに気持ちが向くのでは」と話す。白ウサギを選んだ教育出版は「ヤマタノオロチは戦いや殺人で、海幸は最後に兄弟げんか。2年生が読むにはどうか…」と「不採用」の理由を説明。白ウサギについては「主人公が動物で、シンプルで親しみやすい」としている。

 音楽で全社に掲載されている「君が代」は、教育出版が5、6年で歌詞の大意を詳しく説明。「日本の繁栄と平和を願う歌」といった簡略な記述をやめ、「細石(さざれいし)が集まりやがて大きな岩となり、その上を苔(こけ)が一面におおうほどの永(なが)きにわたり…」とわかりやすく記している。

 理科でも6年の「月の位置や太陽の位置」で6社中3社が江戸時代の俳人、与謝蕪村の俳句「菜の花や月は東に日は西に」を紹介するなど、素材を伝統文化に求める姿勢が各教科でみられた。

 □「侵略」変わらず

 6年社会上の日本史では、日本の戦争は「侵略」と表現し、欧米やロシアの戦争は「勢力をのばす」などとする二重基準に変化はなかった。特に明治維新以降は、「日本が、不平等な条約をおしつけるなどして、朝鮮に勢力を広げようとしていた」(教育出版)など、当時の国際情勢よりも、日本の「征服欲」を強調する記述が目立っている。

 今回の申請本では、イデオロギー性の強い「アジア・太平洋戦争」という用語が小学校では初めて登場した(光村図書と、大阪書籍版を引き継いだ日本文教出版)。しかし、「理解しがたい」などの検定意見が付き、光村は「太平洋戦争」に修正、大阪書籍は「一般には太平洋戦争とよばれています」との説明などを加えて合格した。

 一方、沖縄戦についての記述が増えたため、日本が受けた戦争被害については全体の分量が増えた。光村図書では、東京大空襲や原爆について、従来はなかった「アメリカ軍が」という主語を追加した。しかし、「数万人もの人々がなくなりました」(原爆)といった第三者的な表現はそのままで、豊臣秀吉の朝鮮出兵で「多くの人々が殺され」と朝鮮側の被害を強調する記述とは温度差が残った。

【関連記事】
韓国「まず攻撃ありき」で認識平行線 日韓歴史共同研究第2期報告書
日本の教科書に影響与えない 岡田外相
日教組教研、朝鮮人虐殺で根拠ない「6600人」
鳩山政権の次の教育政策は? 底流に「日教組政策集」
つくる会自由社版を採択 横浜市教委が8区で
あれから、15年 地下鉄サリン事件

<菅財務相>「財政健全化法」提出を検討 超党派で目標共有(毎日新聞)
【風】「エリート公立校」誕生へ(産経新聞)
投資家の夢乗せた“お宝沈没船”ファンド座礁 業務停止命令で事業の行方は?(産経新聞)
「みんなが納得できる案へ」と防衛政務官=普天間、米国防次官補と会談(時事通信)
首相会見オープン化(産経新聞)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。